商品のご紹介

椿油粕

椿油粕(ペレット)20kg

病害虫対策、土壌改良に。田畑の作物・根っこを害虫から守ります。サポニン成分が最も多い椿科茶実を100%使用

成分表

名称 含有率
サポニン 18%〜
窒素 N 1%
リン酸 P 0%
カリ K 2%
水分 7%

商品コード : TAKM

正味量 : 20kg

原産国 : 中国

参考価格

1袋20kgの参考価格です。*2016年秋~2017年秋と2年連続で実収穫が冷害凶作となり品不足の為、2018年の船積価格は3年前の2倍強に高騰しております。何卒ご了承下さい。
数量 単価 その他費用 備考
1000袋 ¥1,500 消費税 全国送料込。コンテナ車上渡し*
500袋~ ¥1,600 消費税+送料 パレット単位(50袋/パレット)渡し
300袋~ ¥1,700 消費税+送料 九州周辺のみ配送。自家引取は歓迎します
100袋~ ¥1,750 消費税+送料
50袋~ ¥1,800 消費税+送料
*1袋~の御注文にも対応致します。単価、送料については御問合せください *沖縄・離島の場合は送料別途見積もりとなります

商品詳細

純粋天然有機肥料

油かすは、少量のNPKと、マグネシウム、鉄、カルシウム、マンガン、亜鉛、銅等の微量元素が含まれ、堆肥など遅効性肥料の効果が出る前の生育を助ける等、植物成長環境を改善する資材と言われています。100%天然の有機資材なので無農薬・有機栽培にお薦めです。

土壌改良効果

土壌改良に必要な放線菌が住み易い環境を作ります。放線菌は抗生物資を分泌して糸状菌の成長抑制、モンパ病、稲のいもち病などの抑制や、ハエの卵を食べるなどの働きもあると言われています。畜産臭の元である低級脂肪酸の分解酵素を含むので消臭効果もあり、玉ねぎ・ネギ類・ニラなどの刺激異臭を中和すると言われています。放線菌はキチン質を好み、ネコブ線虫の卵、フザリ菌・ピシウム菌などの土壌病原菌の細胞壁を好んで食べるとされ、土壌中に放線菌が増えると植物が生育し易い土壌環境を作ります。

使用方法

使用量は土壌の状況を見ながら調整が必要です。一応の目安は下記のとおりです。この資材で土壌環境を改良する事により農薬や他資材の使用量を減らせるケースもあります。

元肥

反当4袋(80kg)程度施します。土壌の状況により3~8袋程度の調整が必要です。

追肥

生育中の植物が、元気が無くなったり、葉の変色が見られる場合などに反当2~5袋(40~80kg)を施します。

その他

イチゴのカビ病、いもち病、稲紋枯れ病などの予防に水溶液を葉面散布する方もあると言われています。

注意

保管は直射日光を避けて涼しい場所で保管すると成分が長持ちします。水張り田で使う時は「施肥後3-4日間、水を河川や湖沼に流さない」様、管理して下さい。植物の幼葉に粉末をかけると葉焼けを起こすことがあるので注意して下さい。