貿易相談

20FTコンテナ1本からの貿易ビジネス

ご自分の圃場近くの港で農業資材等を輸入してコスト低減を図りましょう! 貿易のエキスパートが支援します。

貿易は大企業・大手商社だけのビジネスではありません。チャレンジ精神と資金さえ準備できれば、どなたでも貿易ビジネスを始められます。

例えば、

  • 海外メーカから資材や商品を近くの港迄直接輸入したい!
  • 農業資材を安く大量に仕入れたい!
  • 加工用原料を海外から纏めて調達したい!
  • 日本の商品や地域の特産品を海外に輸出したい!

海外と直接取引を行い、中間マージン等のコスト削減を図りませんか! 経験豊富なAIBA認定貿易アドバイザーが、あなたの御希望に合わせて輸出入を支援致します。

実例1. 椿油粕のコンテナ輸入

椿油粕のコンテナ直輸入日本全国の肥料小売店様、農家グループ様からの依頼で椿油粕1000袋を定期的に20FTコンテナ単位で輸入しています。最寄りの港で荷揚げ・通関をし、お客様指定の場所までコンテナを配送します。メーカーからお客様まで商品が直接届きますので、最も安い単価で商品を購入する事ができます。荷下ろしはお客様の手配となります。又、港でコンテナから取下しパレット組の上、トラックでお届けすることも可能です(コンテナ取下し、パレット及びトラック費用が加算されます)。写真は当社での荷下ろしの様子です。コンテナ直置きで目一杯に積み込んでありますので、手作業でパレットに積み替えてフォークリフトで倉庫に搬入します。

実例2. 液体肥料のコンテナ輸入

液肥の輸入北米の肥料メーカーから液体肥料などをコンテナで輸入したいというお客様からの依頼で、メーカーとの契約から発注、輸送・通関業者の手配、荷物の受け取りまでをフルサポートしました。慣れるまでは文字通りのフルサポートが必要でしたが、輸入をこなすうちに業務の流れを徐々に把握され、よりスムーズな貿易ビジネスを展開されるようになりました。現在も年数回の輸入をサポートしています。